2006年11月30日

集団田中的笑劇Vo.10「てん」

メムちゃんのお友達のエディーさんが出ている舞台、
集団田中的笑劇Vo.10「てん」
を観に行ってきました。

エディーさんはお会いするのが初めてだったのですが、
ホームページで何度も写真を見ていたので、
舞台に現れた時、怪しげな格好で現れたにも関わらず
すぐわかりました。


”あ! ダルメシアンの人だー”


エディーさんのホームページで、
ダルメシアンの犬のキグルミかぶった写真が
ものすごく沢山あるんです。
しかもトップページからワンクリックで
すぐ行けてしまうので、
違うページ見ようと思っていたのに、
ついつい罠にかかって、何度も犬のページをクリックしていまい、
自分の中で、
「エディーさん」=「ダルメシアン」 
の印象が強く残ってたんですね。


さてさて舞台の感想ですが、
お笑いイイ!ですね〜。
わたしは、お笑い系のライブ行ったの初めてだったんですが、
とっても楽しめました☆

お笑いってすごく難しいと思うんですよ。
一部だけにウケる笑いだったら、
いくらでもあると思うんですが、
こういう舞台だと色々な人に笑ってもらわないといけない。

「エンタの神様」とかたまに見ているんですが、
クスリとも笑えない人とか結構出てたりしますし。
みんなに笑ってもらえるような舞台を作るって
ことは非常に難しいことなんでしょうねー。

でも今回の舞台は面白かったです〜。
毒舌系や下ネタ系もなく、
とっても安心して笑えるライブでした。
子供の教育上にも良い笑いです。
(鉄道の知識も身につくし)

お客さんを飽きさせないよう、
コントも色々な設定のものがあったし、
かといってバラバラ過ぎて頭がついてかない
ってこともなく、
舞台として全体もまとまっていました。

この日は昼間仕事が忙しかったので、
体が疲れたぁという感じだったんですが、
夜、舞台を見て笑ってたら、すっかり疲れがとれました。
気分が落ち込んでいる時とか
こういうの観るのもいいですね〜(@^▽^@)
posted by ちゃゆきちゃん at 08:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

納豆チョコアイス

はなまるマーケットで
「納豆チョコアイス」の作り方をやっていました。

まあ、わたしも最初見た時、ヒキました。
納豆の糸以上にヒキましたよ。
ドンビキですよ。

 納豆はアツアツの
 ご飯にかけて食べるもんだろうがーー!!


って。
でも薬丸くんとか岡江さんが
美味しいねー、合うねーって食べてるですよ。

だったら、大粒と小粒の違いしかわからない女、
納豆好きちゃゆきを名乗っている以上
やってみるしかありません。

作り方は、納豆とバニラアイスを混ぜて、
チョコソースをかけるだけ。

SA410005a.jpg

カンタンですねー。

味は・・・

うん。悪くない。

納豆の臭みがチョコの香りで
消えちゃうのがポイントっぽいですね。

アイスはめっちゃ糸を引きます。
ネバネバな「トルコアイス」ってありますが、あれ以上です。
口のまわりアイスでベタベタです。
あっというまに白ヒゲのおじいさんです。
綺麗に食べるのは非常に難しいです。

でも、ネバネバアイスは触感がいいし、
味も確かに合うので、
これはこれでアリなデザートです。

とはいえ、
納豆は納豆、 アイスはアイスで食べても
充分美味しいので、あえてお薦めはしませんが(笑)
posted by ちゃゆきちゃん at 08:38| Comment(4) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

男の人って何が欲しいのさ?

クリスマス会、忘年会の時期ですねぇ。
12月の予定が
飲み飲み飲み・・・と、
次から次へと埋まっていきます。
12月は本当に忙しすぎて、アフター5に
ゆっくり過ごせる日があまりなさそうなのです。
11月中に出来ることはやっておかなくはいけませんね。



FF12とかFF12とかFF12とか。
(昨日クリアしたんだけど、まだ裏ボスとかサブイベントやってないし。)


そんなわけで、12月のイベントに備えて、
クリスマス会用のプレゼントや、
忘年会のゲームの景品なども用意しなければいけないんですが、


男の人って何が欲しいのさ?


女の子だけの会だったら、
なんとなく可愛いもの買っとけばいいから簡単なんですよ。
使う使わないは別として、
可愛ければ「可愛い〜」って盛り上がれる。

「女の子って何でも可愛い可愛い言うよね?
 あれ何で?」


って不思議に思う男性がよくいますが、
「可愛い」は女の子にとって、神用語なんですよ。
言うだけで、まわりが明るく和やかな雰囲気になれるんです。
自分も自然と笑顔になるんですよ。

しかし、厄介なことに男性にはそれが使えない。
男の人って機能的なモノがいいとかいうけど、
機能的なモノっていっても人それぞれじゃないですか。
プレゼントとか景品っていう場合、
万人受けするものじゃなきゃいけないわけですよ。

あー難しい。

もうめんどくさいから、今日から男性もみんな

「きゃぁ〜♪これ可愛い(@^▽^@)」

って反応することにしませんか?


今回は、数百円から2千円くらいまでの景品を
買いにいかなきゃいけないんですが、
もしよろしければ、
もらって嬉しかったモノとか、あげて喜ばれたモノとか
あれば、男女問わず教えて下さい〜。

-----
旅行に出かけるので次回更新は29日(水)の予定です。
皆様も良い週末をお過ごし下さい(^o^)/
posted by ちゃゆきちゃん at 00:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

恋物語シリーズ「秘密の恋文3」

私と吉竹が2度目の会話を交わしたのは、
あの手紙から2ヶ月が過ぎた6月のことだった。

仕事の関係で吉竹のいる事務所を訪問していた私は
偶然廊下で吉竹と出会った。
周りには人がおらず、吉竹と2人きりであった。

「元気?」


吉竹はいつもと変わらない笑顔で私に声をかけた。

「ええ、元気です。」


私もいつもの得意の作り笑顔で答えた。
吉竹が何かを言おうとした時、
廊下へ人が現れた。
吉竹は何も言わず、
そのまま私の元から去って行った。


廊下で再会してから3日後のことであった。
家のポストに封書が届いていた。
差出人は吉竹祐一。

あの時廊下で話せなかったこと、
または、私が出した手紙に対する返事が
また便箋にしたためられているのかも・・・

私は大きく深呼吸しながら、
封筒にハサミを入れた。


しかし中に入っていたものは便箋ではなかった。



フロッピーディスクが1枚。



何だこれ??



封筒の中をくまなく探したが、
このフロッピーが何であるか
説明が記されているものは
一切入っていなかった。

私は吉竹のことを傷つけた。
吉竹は恨んでいるのかもしれない。

私を恨んだ吉竹はフロッピーディスクに
コンピューターウイルスを仕込み
私に送りつけたのかもしれない。
フロッピーをパソコンに入れた瞬間、
ハードディスクが起動しなくなってしまうかもしれない。

いやいや、ウイルスではなくても、
嫌がらせの方法はある。

昔、2ちゃんで、「乙葉ちゃんの豊胸手術した傷跡が見える写真」
っていうリンクをクリックしたら、
セクシーな乙葉ちゃんではなく、
どこからどう見ても乙葉ちゃんには見えない人の
頭が真っ二つになった手術中の写真が出てきたことがあるが、
このフロッピーもそんなグロ写真が入っている可能性もある。

それかもっとシンプルに、

「氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね」

とフォントサイズ48くらいでビッシリ書いてある
ワードのファイルが入っているかもしれない。

そう考えると恐ろしくなり、
このままこの不気味なフロッピーを封印しておこうかと思ったが、
好奇心旺盛の私は、どうしても中が見たくなった。

もし、ウイルスだったら、ウイルスバスターという
守護神がコンピュータを守ってくれるだろう。

もし、グロ写真だったら、
同じ人間の体ということで、科学的な目で見ることにしよう。

もし、ワードファイルだったら、
「氏ね」を「生きろ」という単語に
全部置換して、上書き保存しておこう。


心臓の高鳴りを抑えながら、
フロッピーをノートパソコンに差し込む。

特に今のとこ何も起きていない。

私はフロッピーディスクドライブのアイコンをクリックした。




・・・しかし、そこにファイルは入っていなかった。




隠しファイルの可能性もあるので、
容量を確認してみたが、
使用領域は0キロバイトであった。

メッセージもない。
フロッピーディスクの中身も空。

一体これにどんな意味があるのだろうか。
金田一少年の漫画が好きな私に
謎を解けと言っているのだろうか。

考えても考えても答えは出なかった。
吉竹の会社のメールアドレスは知っているので、
その意味を聞くこともできたのだが、
私は聞かなかった。

これまでの2通の手紙の返事は書いたけれど、
さすがにこれに返事は出せない。
返しようがない。
別のフロッピーディスクを送り返そうかと思ったのだが、
意味がわからないし、
今度はもっと謎の物体が
送られてくる可能性もあるので、やめた。
吉竹に返事を出すのはもうやめにしようと思った。


それからさらに2ヵ月後の暑い夏の日、
再び吉竹のいる事務所を訪れた私は
廊下で吉竹に声をかけられた。

「明日から休みだね。」

吉竹はフロッピーディスクのことは口にしなかった。

「そうですね。」


「良かったら、休みの日、一緒に遊ばない?」

「・・・・。」


私は言葉に詰まった。
言葉に詰まった私を見て、吉竹はすぐさま言った。

「あ、忙しいよね?無理だよね?」


そう言って吉竹は私の元から去って行った。



それが最後に見た吉竹の姿であった。


吉竹は会社をやめた。
退職理由は、他にやりたいことがあっただけで、
私とのことは全く関係ないかもしれない。
しかし、吉竹と最後の会話をしてから、
直後のことだったので、
気にかかってしょうがなかった。

しかし、このことは誰にも話せなかった。
話したところで私が吉竹を救えるわけではないし、
吉竹にとって他の人には知られたくないことだと思ったから。
だから、吉竹とのことは
これまでずっと心の中に封印していたんだ。



君の事を何も知ろうとせず、
ただ一方的に冷たい態度をとってごめんね。
君は上手く話せない不器用な人間かもしれないが、
私も君と同じくらい不器用で恋愛が苦手な人間なんだ。

この記録を万一君が目にすることがあったら、
君は自分の話だってことに気付くだろう。
あの時の私の気持ちや、外からは見えない私の本当の姿が
君に伝わるのも悪くないかなと思って書いたんだ。

気持ちには答えられなかったけど、
君の想いは嬉しかったから・・・
それだけは本当だからね。



そして私の部屋の片隅には
今もなお、謎のフロッピーディスクが残されているのである。

ー終わり−
posted by ちゃゆきちゃん at 07:48| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

恋物語シリーズ「秘密の恋文2」

吉竹と私が初めて話をしたのは、
年賀状のやりとりをした3ヶ月後、
桜も散り始めた4月のことだった。

吉竹の部署と私の部署で、合同懇親会が企画され、
たまたま私は吉竹の隣に座ることになり、
私達は初めて挨拶以外の言葉を交わしたのである。

吉竹との会話は当たり障りのないものであった。
勿論、年賀状のことについては、お互い触れなかった。

「最近、仕事は楽しいですか?」
「この部署には何年くらいいるんですか?」」

初めて同士の二人が話すにふさわしい会話である。
自分がふる立場にいても、ふられる立場にいても、
月日が経てば、何事もなかったように
仲良く話せる友人になる、それが私の理想だった。
あれから3ヶ月、今回のことで、
吉竹ともそういう仲になれたと思っていた。


しかし。


懇親会から3日後のことであった。
家のポストに封書が届いていた。
差出人は「吉竹祐一」。

封を開けると、時間をかけたのであろう
男性にしては丁寧な文字が
便箋5枚にぎっしり詰まっていた。

内容は私に対する想いであった。

私を好きになったきっかけは、
社内でプレゼンをしていた姿を見たことらしい。
プレゼンをしている時の私はハキハキ喋れる。
昔バイトで人前に立つ仕事をしていたからかもしれない。
笑顔も自然に出せる。
しかし、あれは作り物なのだ。
プレゼンの時だけ切り替えて違う自分を出せるのだ。
本当の私は優柔不断で、
人とのコミュニケーションもうまくとれない女なのである。
そんな私を吉竹が知るはずがない。

予想通り吉竹は幻想を抱いていた。
幻想の私に恋をしてしまっていたのだ。

吉竹の私に対する幻想は想像以上に広がっていた。

「ブルーの目元の君も魅力的ですが、
 ナチュラルメイクの君も好きです。」

ナチュラルメイクではなどしていない。
単に朝、化粧するのがめんどうくさくなって、
ノーメイクで会社に行ってるだけなのだ。
私は無精な女なのだ。

吉竹自身の経歴や趣味、
家庭の事情なども5枚の便箋の中に
書かれていた。

全て読み終えるのには時間がかかった。

幻想にせよ、私の魅力をここまで見つけてくれたことは
素直に嬉しい。

しかし、手紙の中で気になるところがあった。

私の友達の中には同じ人に2回告白した人もいるし、
3回告白されて押しに負けてつきあったという話も
聞いたことがある。
だから、吉竹がわたしに2回も告白の手紙を
書いてきたことは、別におかしいことではないと思う。

だが、私が以前に書いた年賀状の返事
「彼がいる」ということや「遊びにいったりは出来ない」
と書いたことに対して、
吉竹の手紙は一切触れていないのだ。

「どこか遊びに行きましょう。」「映画でも観ましょう。」
など、まるであの年賀状の返事はなかったかのように、
私が一度断ったことはなかったのように、
書かれている内容であったのだ。

そして、吉竹の手紙の中にはこの言葉も書いてあったんだ。



「君を一生幸せにしたい。」



これ、プロポーズだよね。
プロポーズの言葉だよね。
明らかにプロポーズだよね。
まだ20分くらいしか会話してないのに、
生涯の相手を決めちゃった感じだよね。

でもね、知ってる?
最近の独身女はね。
男に幸せにしてもらうんじゃなくて、
自分で幸せを掴もうとしている人が多いんだよ。
現状でも結構幸せな独身女って多いんだよ。


わたしは手紙を読み終えると、
引き出しの奥に眠っていた
可愛い花柄のレターセットを取り出した。

もしかしたら、年賀状の返事を出したけれど、
配送ミスで吉竹の元に届いてなかったのかもしれない。
吉竹に私の返事が伝わっていないのかもしれない。

私は便箋に2センチ角くらいの大きな文字で
返事を書いた。
そのくらい大きな字でないと、
1枚の便箋が埋まらなかったのだ。
そして、今度こそ吉竹に確実に伝えたいと思った。

内容は前回と同じだ。
「彼がいる」ということと「遊んだりはできない」
そして最後にお決まりの言葉を書いた。

「私なんかよりももっと素敵な人が見つかりますよ。」

この言葉を好きな人に言われてショックだったと
言っていた友達がいた。
私の書いた手紙はナイフよりも鋭く
吉竹の心を傷つけるだろう。
しかし、私は、吉竹の抱いている幻想の私を
ナイフで早く切り裂きたいという気持ちで
いっぱいだったのである。

封をしてポストに入れた。
2度も配送ミスということはないだろう。
これで吉竹もわかってくれるだろう。
今度こそ全て終わったと思った。


だが、そんな簡単には終わりはしなかった。
(続く)
posted by ちゃゆきちゃん at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

恋物語シリーズ「秘密の恋文1」

君のことは今まで誰にも話したことがなかったよ。
君の想いはまっすぐで深くて
軽々しく人に話せるものじゃなかったから。

ずっと心の中に封印して、
一生、二人だけの秘密にしようと思っていたけれど、
数年が過ぎた今、あの時の出来事をちゃんと記録として
残したくなったんだ。
私の人生が詰まったこのブログに。

そう。
全ての始まりは、ある年のお正月だったね・・・




ポストに届いた数十枚の年賀状の中に
「吉竹祐一(仮名)」の名前を見つけた時、
私は驚いた。

なぜ吉竹から年賀状が・・・?

吉竹と私は同じ会社であるが、勤務先は違う。
仕事の関係で吉竹のいる事務所に行くことはあるし、
その事務所に吉竹という男がいることは知っている。
しかし直接、吉竹と一緒に仕事はしたことがなかった。
廊下で会えば、挨拶や会釈程度はするが、
一度も会話を交わしたことがないのである。
私の住所はおそらく会社の住所録で調べたのであろう。

疑問に思ったが、関係が薄くても
仕事のつきあい上、年賀状を出す人もいる。
吉竹もきっとそういう部類の人間なのではないか。

しかし、ハガキの裏を見た時、
その考えが間違っていたことにすぐ気付いた。

パソコンで印刷された「賀正」と「宜しくお願い致します」の文字。
その無機質な文字と文字の間にある中途半端な余白には、
手書きでこう書かれていた。


「貴方のことが好きになりました。
 今度どこかに遊びに行きましょう。」


なんということだ。

吉竹とは会話をしたことがないというのに、
一体私のどこを好きになったというのだろう。
そんなに簡単に人を好きになれるものなのか。
だいたい吉竹は私のことを知らない。知らなさ過ぎる。
私は朝晩パソコンに向かってネットやっているような女なのだ。
暇な時はケータイで2ちゃん見てる女なのだ。
休みの日は5時間くらいゲームしちゃったりする女なのだ。
1人でカラオケだって行けちゃう女なのだ。
そんな私の姿を吉竹が知るはずはない。
吉竹は吉竹が作り上げた幻想の私に恋している。

当時、私には付き合っている彼がいた。
私はすぐさま吉竹宛の年賀状をプリントアウトし、ペンをとった。

「気持ちは嬉しいのですが、
 彼がいるので遊びに行ったりはできません。
 ごめんなさい。」

なんという無難な答えだろう。
彼がいるという言葉はこういう時
非常に便利な言葉だと思ってしまう。
そう考える私は非情な女だとも思う。
しかし恋愛は時として非情にならなくてはいけないのだ。
中途半端に優しくしたり気を持たせることは
絶対にしたくない。

そう思うのは、相手をこれ以上傷つけたくないからだろうか?
いや、実際は違うのではないか。
相手を傷つけることにより発生する、
自分の罪悪感から早く解放されたいだけなのかもしれない。
結局、自分自身が可愛いのだ。
私は、本当に恋愛が苦手な人間である。


吉竹宛に書いた年賀状の返事をポストに投函した時、
これで全て終わった、と思った。

しかし、これはほんの序章に過ぎなかったのだ。
(続く)
posted by ちゃゆきちゃん at 07:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

ブランドモノ

昨日あいのりを見ていたら、
ちゃきちゃん(ちゃゆきではない)という女の子が

「(他の同級生は)どっから(ブランド品買う)お金が出てくんだろう
 もう私地道だよ ほんと
 1,500円(インナー)・1,900円(パンツ)・
 2,900円(パーカー) の790円(靴)
 安くていいんだって!」

と言っていたのですが、

「この娘、いい娘だなぁー」

と、メチャメチャ高評価を得ていました。

それを聞いて、わたしも自信がつきました。

今まで恥ずかしくてあまり言えなかったんですが、

わたしも安いモノ大好きです!


 (よしっ これでわたしも高評価GET!)


100円ショップのアイシャドウとか使ってる時点で
お気づきとは思いますが。。

・・というか、わたしの場合違いがわからない女なんです。
千円のアイシャドウも買ったことありますが、
あれ・・100円と何が違うんだろう? って。

いい歳した大人ですが、
ブランドモノのカバンも持ってませんね。。
カバンは1万円以下のものばっかりです。

というか10万のカバン買うなら
1万円のカバン10コ欲しい派なんです。

確かに高いモノは素材がいいので、
長持ちするとは思うんですけど、
傷つけないようにものすごく気を遣わないといけないし、
そのうち飽きちゃうような気がするんですよね。

あとブランドモノだと、人とかぶっちゃうことが
多くないですかね?

 あれ?あなたもグッチ?
 わたしもグッチ。

 あれ?あなたもヴィトン?
 わたしもヴィトン。

ブランドモノじゃなければ、まずかぶることないし、
この値段だったらいいや
って、ちょっと変わったデザインのカバンも
思い切って買えちゃう。
そのへんが好きだったりします。
安くて可愛いのって探すと結構ありますよね。


とはいえ、仕事柄ブランドを身につけなければ
いけない人もいますけよね。
わたしは営業のお仕事は全くやったことがないのですが、
コンペのプレゼンするの時は
まず見た目をビシッと決めなくちゃいけないらしいですし。
某広告代理店では、
仕事のために、いい洋服を買わないといけなくて、
その分給料が高いと聞いたことがあります。

ブランドモノを否定しているわけではなくて、
それぞれの好みや生活に合わせたスタイルが良いですね。

わたしの場合は、毎月の旅行代が結構かかってるので、
ブランドモノを買わない
・・んじゃなくて買っている余裕がない
ってのもありますが _| ̄|○
posted by ちゃゆきちゃん at 08:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

★★今注目のコスメ★★

ミスキャンパス達のブログを読んでいて思いました。

やっぱり綺麗な娘達のブログは
ファッションとかコスメの話中心なんですよ!

わたしブログを始めて2年弱になりますが、
コスメの話1回も書いたことない・・・(:D)| ̄|_

やっぱりわたしも隙あらばミスキャンを目指している人間なので、
負けずにコスメの話でも書こうと思います☆☆

あ、コスメってコスメチックの略ですよ。
コスメチックって化粧品のことですよ。
自信なくて辞書ひいて調べましたから完璧です。
ちなみにコスメッツは気象資料総合処理システムの略です。


わたしが良く使うのは「アイシャドウ」です♪♪
マスカラつけるのが不器用で下手なので、
アイメイクをごまかすのに超重要な
アイテムです♪♪

お気に入りのカラーはブラウンです♪
前に結婚式の時に、ブルーのアイシャドウを
ちょっと派手目につけたら
「宝塚みたい」って言われちゃったからね♪

SA410003x.jpg

今使っているのは6色のタイプ♪
一番右の濃い色で、目元を塗って
真ん中の中間色でぼかします。

白のアイシャドウは、
渋谷のヤマンバと呼ばれる人専用かと思ってて、
昔使い方がよくわからなかったんだけど、
眉の下あたりにつけると、
目元が明るくなります♪♪
ってGyaOの「ダメイク」っていうメイク番組で、
エビちゃんのメイクをしてるライオン頭の人が言ってました。

6色あるので、気分によって色を微妙に変えられる
とってもお気に入りのアイシャドウです♪

みんなも使いたくなったでしょう?

でもこのアイシャドウ、
デパートの化粧品売り場には売ってません。

どこで手に入れたか教えてほしい?




100 yen shop

というブランド店です♪♪♪
posted by ちゃゆきちゃん at 08:31| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

歌ブログ

しばらくGyaOを見ないうちに
「歌ブログ」なるものが始まっていました。

一般ユーザーがカラオケで歌っている動画を投稿して、
視聴者の評価を仰ぐという番組です。

カラオケ好きちゃゆきとしては、
色々な人の歌が聞けて楽しい番組です。
やっぱり素人さんの中でも歌の上手い人ってのはいて、
こんな風にカラオケで歌えたらいいなぁ
と聞き惚れてしまいます。

「うまい」という評価以外にも、やっぱり動画なので、
ルックスがかわいい娘とか、コスプレしてる人とかも
注目されたりします。
「かわいい」とか「元気」とか「笑える」などの項目も
視聴者の人に評価されるわけです。

「うまいランキング」ナンバー1なのが
とちぎ和牛さん(名前に反して普通の女性です)
って方なんですが、ドリカム歌ってるときは、
吉田美和の歌い方っぽくて超うまいです。
吉田美和なんてなかなか真似できないですからねぇ。

他に、視聴者の動画再生回数で評価される
全体の人気ランキングというのもあります。

やっぱりうまい人が人気なんだろうなぁ〜
・・・って思ってたら、

とちぎ和牛さんは2位でした。

1位の人は
「うまい」も「かわいい」もどの項目も
評価はそれほど高くありません。
それなのに、
なぜ人気ランキング1位に??




それは女の子がカラオケで
歌いながら服脱ぐからですwww



視聴者の感想欄には

「カラオケで服を脱ぐ意味がわかんない」

という最もな意見や

「君と結婚したい 僕には君しか見えない 今度は全部脱いでくれ 
 皆が引いたとしても僕は君をもっと好きになっちゃうな お願い」

というラブコールや

「普通にキモイわー
 色気ねぇ体型してるし出直せよw」

という批判など


全く歌と関係ないwww


ちなみに、人気ランキング
2、3位は歌が上手いということで
評価されているとちぎ和牛さんの曲が入っているのですが、
4位と5位はまた
水着で歌う女の子がランクインしていますw

売り出し中アイドルらしいのですが、
こういう場所で注目を集めるなんて
事務所は売り込み方うまいなぁと思いました。

そして、このランキングを見て学びました。

世間で求められているのは、
「いい歌を聴くこと」よりも

「水着の女の子」の方だ ってことにw


そういうわたしも水着でカラオケしてる動画
全部再生してしまいましたけどねww

★GyaO 歌ブログ
posted by ちゃゆきちゃん at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

かわいい娘を探せ

こんちわ〜
アイドル研究会 略して愛犬のちゃゆきです。

えっ?しつこいって?
たいして活動してないくせに、研究会を名乗るな!ですって?

まあまあ全国の愛犬の皆様
そんなに怒らないで下さいよー

ちゃゆきは単独でちゃんと活動していますよ〜
2年くらい前から
かわいい娘がやってるブログ探してますからー。

お気に入りの娘を見つけると、こっそりブログ見てます。
ある日その娘のブログを開けてみたら、
「ブログ閉鎖します。」とか
「パスワード制のブログに移ります。」とか
書いてあって、
ガーンとショックを受けることよくありますし(笑)

アイドルが「今日で芸能界を引退します」と宣言して、
ファンが「やめないでー」と
ショックを受ける心理と一緒ですかね?w


しかし最近、
かわいい娘がいっぱい自分の写真載っけてるブログが
以前より減った気がします。

やっぱりみんな気付いちゃったんでしょうか・・


ネットに写真なんて載せたら、
色々なところで
流用されまくっちゃうってことに!!



よく聞くのは出会い系サイトですね。

☆★みゆき 21才 OL★☆
最近、彼と別れたばかりで寂しくって・・。
心の隙間を埋めてくれる男性いませんか?
メール待ってます♪


どこかで拾ったかわいい娘の写真でも載せておけば、
このサイト、こんな可愛い子と出会えるんだー!
男性の食いつきがよくなりますw


あと、最近一部ではミクシィにネカマで登録するってのが
流行っていて、プロフィール写真にネットで拾った
かわいい娘の写真を載せておくそうです。

そうすると、男性から
「マイミクになりませんか?」とか、
ものすごいアプローチが来るので、
いかに女性のふりをして
メッセージを返し続けられうか
という遊びが流行っているそうです(笑

というわけで、いつどのように使われてしまうのかわからないので、
ネットに自分の写真を載っけるのは結構怖いことなんですよね。
この娘こんなに沢山写真載っけちゃって、
大丈夫かなぁー?と心配しつつも
かわいい娘のブログはついつい見てしまいます。

てっとり早く美人さんのブログを探すなら
ミスキャンブログがお薦めです。

色々な大学のミスキャンパスが
ブログを書いています。

個人的に横浜市立大学の岸岡小百合ちゃんの顔が好みですw
元々の顔立ちが整ってるので、あんまり濃い系のメイク
してほしくないなぁとか思ったりw

ミスって可愛いより綺麗系が多いので、
男性が思う「かわいい娘のブログ」というのとは
ちょっと違うかもしれませんが。。。

結構ここのミスキャンさん達は、
一人一人に丁寧にコメント返している人が多いです。
やっぱり綺麗な女性にコメント返されたら
ファンも嬉しいでしょうねー。


そういえば、わたし、かわいい娘のブログを探すのと同じくらい
イケメンの人のブログも探してるんですが、
こっちは全くお気に入りがみつかりませんね(笑)

女の子が自分の写真載せてるのは可愛いけど、
男の子が自分の写真ばかり載せてると、
「うわぁーこの人ナルシストぉー キモイー」
って思っちゃうからでしょうか?

ん?これ男女差別?(笑
posted by ちゃゆきちゃん at 01:07| Comment(3) | TrackBack(1) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

紀香さんの結婚

昨日、一昨日とやけにアクセス数が多いなぁと思っていたら、
紀香さんと陣内くんの結婚話が原因でした。

二人の出会いは、
日本テレビ系のドラマ「59番目のプロポーズ」に
共演したことがきっかけだったそうですね。

わたしは以前にこのブログで、ドラマの原作にもなっている
ミクシィ日記「59番目のプロポーズ」を
読んだ感想を書いていました。

といっても、「59番目のプロポーズ」の感想を
書いている人なんてネット上にいっぱいいるし、
なぜわたしのしょうもないブログにたどりつくのか??


それは、わたしが、
「59番目のプロポーズ」
ではなく、
「59回目のプロポーズ」
って間違えて書いていたからです(≧▽≦)


「59回目のプロポーズ」で検索すると、
わたしのブログが1番目にヒットしてしまうので、
やっぱり同じように間違えて検索した100人くらいの人が
たどりついてしまったようでした。

いやぁ〜間違えますよねーー

完璧「101回目のプロポーズ」と混じっちゃいますよねー。

59回だろうが、101回だろうが
ここまで多ければ
もうどっちだっていいっていう数字ですけど(笑
posted by ちゃゆきちゃん at 08:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

戸田恵梨香ちゃん

こんちわ〜
アイドル研究会のちゃゆきです。

最近気になるアイドルというか女優さんは
戸田恵梨香ちゃんです。

*Google イメージ検索 戸田恵梨香画像

亀梨くんと綾瀬はるかちゃんがやってるドラマ
「たったひとつの恋」を1回だけ見たんですが、

 この娘かわいい〜(*^^*) と思いました。

綾瀬はるかちゃんは
同じ清楚系のわたしとライバルな感じで、
清楚ーって雰囲気が強いですが、

戸田恵梨香ちゃんは、清楚さもありつつ、
嫌味にならないくらいの色気もありつつ、
女性としてのしおらしさと華やかさがあるなぁという気がします。

女優としては中途半端はあまりよくなくて、
どっちか偏っている方がいいのかもしれませんが。。

戸田恵梨香ちゃんといえば、
映画デスノートのミサミサ役なんですよね。
前回デスノートの感想を書いた時に、
声低すぎてミサミサに合わないとか
散々なこと書きましたが、
ミサミサ役に合ってないだけで、
女性としてはすごく好きです。

「たったひとつの恋」を見てたんですけど、
戸田恵梨香ちゃんばかり見ていて、
ストーリーはすごく曖昧にしか覚えてません。

たぶん、こんなストーリーだったと思います。

元KAT-TUNの赤西くんが留学して注目されたので、
”俺達も留学して注目されるぜ〜”
とKAT-TUNの亀梨と坊主(名前わからん)の二人が
留学準備を始めようとしたが、
綾瀬はるかちゃんと戸田恵梨香ちゃんという
二人の美少女に出会ってしまって、
女に溺れ、夜通し遊びまくり、高校には平気で不法侵入、
そうこうしているうちに、貯めていた留学資金を狙われ、
金髪男に殴られ、人生を転落していく話
だったと思います。
posted by ちゃゆきちゃん at 08:47| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

人に見られること

人間、みんな同じだと思うんです。

自分のいいところ、かっこいいところは、
人に見てもらいたいし、

自分のダメなところ、劣っているところは、
人に見られたくない。

目立つのが大好きな人っていうのは、
いいところを、人に見てもらいたいという気持ちが強いだけ。

目立つのが嫌いな人っていうのは、
ダメなところを、人に見られたくないという気持ちが強いだけ。


わたしは、どちらからいうと目立つのが苦手で、
忍者のようにひっそり生きたいと思う後者なのですが、
やっぱり人に見られたい部分も持っています。

仕事で活躍して有名になりたいなぁとも思うし、
おしゃれしたら、みんなに見てもらいたいし、
ちゃゆきさんってすごいね って言われたいし、
なにより、ブログをネットで公開している行為自体が、

 世界中のみんなぁ〜 わたしの生活を見て見て〜

ってことですもんね。


まあ、何でもぶっちゃけちゃってるブログは別としても、
それ以外の自分のダメなところを
人に見られるのが嫌いです。

特に休日1人でフラフラと歩いているときは、
誰にも会いたくないなぁーと思います。
見つからないように、帽子かぶったり、伊達メガネかけたり、

おまえは芸能人きどりか
って感じの格好してます。

万一、街で知り合いを見かけても、
なるべく見つからないように離れて歩いたりしちゃいます。
おまえは指名手配犯か
って感じでコソコソしちゃいます。

逆に、友達と会ってる時で、おしゃれした時は、
いつ知り合いに会ってもいいわよ〜
って感じで堂々としちゃうんですけどね。


とりあえず帽子でもかぶっときゃ、
向こうも気付かないだろ
って思っていたのですが・・・

先日、旅行帰りで電車に乗っていた時のことです。
長旅で疲れた顔、長時間の新幹線で、服もしわくちゃ
こんな姿、誰にも見られたくないなぁと思って
やっぱり こそどろのように帽子かぶって、
電車で寝てたんです。

そしたら声かける人がいるんですよ。

「ちゃゆきちゃんじゃん!ひさしぶりー!」


大学時代の先輩でした。

帽子かぶってる意味ねーー(>_<)


「あ、ひさしぶりですね〜 」


と、にこやかに話をしていたんですが、
心の中では・・・

 やべぇーー(+o+)
 口開けて寝てるところ見られなかっただろうか・・
 寝ながら、よだれすすってるところ
 見られなかっただろうか・・


先輩の前で作っていた
上品でかわいい後輩のちゃゆきちゃん
というイメージが崩れていないかどうかが心配でした。


というわけで、自分では隠れているつもりでも
帽子では意外に顔を隠せてないものだなぁ
ということに気付きました。

やるんであれば、
帽子にマスクにサングラスくらい徹底的にやらないと
だめですね。

↑こんなわたしを街で見かけても
絶対に声をかけないで下さいね(≧∇≧☆
posted by ちゃゆきちゃん at 08:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

大戸屋

外で1人で食事する時は、
カフェかパスタ屋という
ヨーロピアンスタイルなわたしだったのですが、
最近大戸屋によく行くようになりました。

吉野家やファーストフードより値段は高いですし、
注文してから20分くらい待たされるのも普通ですが、
メニューがわたし好みでつい行っちゃうんですよね。

「マグロの梅しそカツみぞれあんかけ」

とか、

「サンマのめんたいとろろ丼」

とか、

カツ作ってからあんかけも作ったり、
サンマにめんたいこ挟んで、さらにとろろも作ったり、

家ではめんどくさくてできないような料理が
食べられるのが良いです。

また、食材の数が多くて、
栄養バランスが優れているところも良いですね。

SA410002x.jpg

↑スープカリーも具沢山。青菜が載って彩りも綺麗。
 いい具合に焼けたチキンが香ばしくて美味しいです。

あとは、デザートも豆乳系が多くて
わたし好みなんですよ。
300円以下なので、安いのも嬉しいですね。

ちょっと前の話ですが、そんな大戸屋で、
ご飯後のデザートを何にしようかなあと迷った末、
「レアチーズ」にして、
席で待っていたんですね。

大戸屋は待たされるのが当たり前なので、

 ひまだから2ちゃんねるでもするかぁー 
 せっかくだから、なんかお店の情報あるかもしれないし、
 大戸屋のスレッドでも読もう〜っと

と、料理を待ちながらケータイで
大戸屋情報を読んでたんですね。

そしたら書いてあったんですよ。


576 名前:やめられない名無しさん 投稿日:2006/10/21(土)
黒酢ゼリーと、レアチーズは糞不味いと思う。





マ、マジでーーーーーー(*_*)

レアチーズ、
今、頼んじゃったんですけどーー


そんなに不味いんですか!?
しかもただの不味いじゃなくて、糞不味いんですか!?

(((( ;゚Д゚)))

恐る恐るレアチーズを食べてみたんですが、


 あ あれ? 
 ・・そんな悪くないぞ。。
 ・・・・・というか、むしろわたし好みの味?

レアチーズに、きなことあずきがかかっているのも
珍しいですが、さらに黒酢がかかっていました。
チーズもきなこもあずきも黒酢も大好きなので、
好きなモノが全部集まった感じです。


というか、糞不味いと書き込んだ人は
単に黒酢が嫌いだけだっただけではないだろうか。
posted by ちゃゆきちゃん at 08:20| Comment(2) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

豆乳メープルプリン

またしても高木にやられました。

最近あいつにやられっぱなしです。
あいつの作るものは、
わたしの購買欲をかきたてられるんですよね。

あ、高木とか呼び捨てにしてしまってすみません。
あいつとか言ってしまいすみません。
パティシエ 高木康政氏のことです。

普段、お菓子ってそれほど買わないんですが、
高木康政プロデュースのタカギオリジナルの
キットカットだけは、
新しい味が出る度に買ってしまうんですよね。

地域限定のキットカット
エキゾチックシリーズ
旅行に行く度に買ってしまいます。


で、六本木ヒルズ話の続きです。

19万円のカバンは買えなかったので、
代わりに森タワーで売っていた
豆乳メープルプリン「ミュゼプリン」を買ってきました。

061111 007x.jpg

豆乳好きってこともあり、
ついつい買ってしまったのですが、

これも高木康政氏とのコラボお菓子でした。

高木高木高木。
またしても高木ですよ。

あいつはすごい。
わたしの食べたいモノを全て把握しているようです。

061111 008x.jpg

豆乳プリンだけで食べると豆乳くささがちょっと強いですが、
メープルをかけると、程よい甘さで調和され、
豆乳苦手な人でも食べられそう。

3コ入り 1050円。

プッチンプリンと比べると、かなり高価ですが、
六本木ヒルズ感覚だと、安く感じてしまいます。

庶民でも買える価格なので、

 六本木ヒルズに来てみたけど、
 高過ぎて買い物できねーよー

 しかし、手ぶらで帰るのもなぁー


という方に大変お薦めの一品です。
posted by ちゃゆきちゃん at 08:35| Comment(2) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

再び六本木ヒルズ

こんちは〜
ヒルズ族のちゃゆきです。

昨日は六本木ヒルズに行ってきましたよー

まあ、わたしくらいのセレブになりますと、
六本木ヒルズの森タワー53階にある
美術館とかに行って、休日を過ごしちゃうわけです。

モネとか、ルノワールとか見て、
芸術を味わったりしちゃうわけです。


 新聞屋に招待券もらったので行ったんですけどね。。


しかし、六本木ヒルズは何度行っても迷いますねー

建物の向こう側に行きたくて
細い道を通ってたら、
いつのまにか関係者以外立ち入り禁止エリアに
入ってましたよ

しょうがないので、セレブなわたしですが
柵とか乗り越えましたよー

やっぱりセレブなんで、
道聞くのも恥ずかしくて、
ヒルズ内をしばらく彷徨ってましたよー


せっかく六本木ヒルズ来たので、
ショッピングでも・・
と思って、カバンを見ていたんですがね。

あ、このカバンのデザイン素敵〜

と思って値札見たら、


19万円(*_*)



隣で、「これ下さい」とか
平気で言ってる人がいて、

 ちっ、この本物のセレブが!!

って思いましたね。

もうすぐ冬ですねー
ヒルズの外ではイルミネーションも始まってましたよ。

061111 006x.jpg

061111 005x.jpg061111 003x.jpg

061111 002x.jpg

偽者セレブはイルミネーションでも見て我慢しなさい
ってことでしょうか。
posted by ちゃゆきちゃん at 09:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

CD狩り

今月もCD狩りしてきました。

CD狩りとは、ランキングに乗っかってる新譜を
手当たり次第に借りてくることです。
知らない曲だろうが、聴いたこともないアーティストだろうが
関係ないです。
狩って狩って狩りまくるのです。

今月は

*シングル
竹内まりや・GLAY・YUI・OLIVIA・Tommy heavenly6
SMAP・絢香・加藤ミリヤ・CHEMISTRY・ポルノグラフィティ
・泉・BOA・矢井田瞳・上木彩矢

*アルバム
コブクロベスト・day after tomorrowベスト・YUKI


を借りてきましたよ。

最近、「テレビをつける」=「FFをやるため」
という どうしようもないゲーマー生活になっているので、
音楽番組どころか、テレビ番組自体見ていません。

なので、ランキングに入ってる曲といっても
全然知らない曲ばっかりでしたー(*_*)

唯一聴いたことがあったのは、絢香の「三日月」。
あとは、ケミストリーの「約束の場所」が
 あぁーこれ例のマッキーの盗作騒動の曲ねー
という認識があったくらいでしょうか。


とりあえず、カラオケでリクエストされたことのある
「三日月」をマスターすることとして、
あとは可愛い女の子ぶるために、
YUIとBOAあたりを練習しようかと思います。

Tommy february6も男性人気がわりと高いんですが、
heavenly6の曲は、あまりリクエストされたことがありませんね。
やっぱり不良っぽい娘より、眼鏡をかけた学級委員的娘の方が
人気があるってことですね。

◇Tommy feburuary6とTommy heavenly6の違い(Wikipedia)


あと、昔、少し年配の方にリクエストされたことがあったのが、
薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」

「昔の曲は歌えませんー」

と言ってたんですが、この機会に覚えようかと思います。
この世代の方は、竹内まりやも好きだったりするので、
こっちも頑張ろうと思います。

覚える曲増えたなぁー(+_+)


ところで、わたしは普段あまり歌詞を重視して、
音楽を聴かないんですが、
この間、音楽を聴きながら
マターリ散歩していた時に気付きました。


ミスチルの歌詞っていいね!!


・・・。
今更ですよね。そうですよね(≧▽≦)

せつない思いの歌詞も好きですが、
荒んでる感じ(?)の「未来」の歌詞とかも好きです。

最近聴いたミスチルはこれですね。


MR.CHILDREN「箒星」より

 最近ストレッチを怠っているからかなぁ?

 うまく開けないんだ、




うんうん、わかるー
この歌詞共感できるーーー

わたしも最近FFばっかりで、
ストレッチもろくにやってないから、
体メッチャかたいもんー



 心が。ぎこちなくて



心の方かーーーー!!
posted by ちゃゆきちゃん at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

私の王子様

毎回、夢オチでは芸がないので、最初に言います。

これは夢です。夢の話です。夢の中の出来事です。
決して現実ではありません。

--------------------
理由はよく覚えてませんが、
わたし、ストーカーに狙われていました。
すごく怖かったんです。

そんな恐ろしい思いをしている中、
誰だかわからないのですが、
わたしを後ろから
温かい腕で抱きしめてくれる人がいたんです。

「大丈夫だよ、僕が守ってあげるから。」

その人に抱きしめられていると、
今までの不安な気分が解消され、すごくほっとしました。


でも、抱きしめられながら、
その人の袖をよくみると、
なんだかおかしいんですよ。

このピッタリした生地・・

こ、、これは全身タイツ?


し、しかも、

白地に黄色いバラの柄!!


バラの柄のタイツをまとった男性が
一体どんな顔しているのか見ようと、
腕をふりはらって、後ろを振り向いたんですが、


黄色いバラ柄のマスクしてるー(≧▽≦)


バラの全身タイツにマスク、顔も見えない奇妙な男、
本来だったら、

 気持ち悪いーお前もストーカーなんじゃないのー

って考えると思いますが、

どういうわけか、夢の中のわたしは、違いました。



”きゃっ、なんて素敵な人なのかしらー

 この人に一生守って

 もらいたいわぁー(*^。^*) ”



(-_-;)

しつこいようですが、これは夢の話です。
現実のわたしは、決してこんな趣味じゃありません。
posted by ちゃゆきちゃん at 08:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

旅行カバン

やっぱりゴロゴロカバンがいいんでしょうか。

ちゃゆき調べによりますと、
おしゃれな女性の8割が
旅行にゴロゴロカバン持って行きますね。

あ、ゴロゴロカバンってのは
キャスターつきのバッグのことです。
客室乗務員が空港で優雅に転がしてる奴です。

いつも愛用していた旅行カバン(ゴロゴロではない)の布が
裂けまして、新しいのを買いに行こうと思ったんですが、
なかなかいいのがみつからないですよ。

1,2泊の旅行用だとかわいいカバン沢山あるんですが、
3,4泊用の大きいカバンだと、あんまり可愛いのがない。
大きいカバンというと、スポーツバッグか、ゴロゴロカバン。

ゴロゴロカバンって使い勝手どうなんでしょうね?
空港みたいな完全平地なら良いけれど、
エスカレーターもついていないような
地方の駅とかによく行くわたしは、ちょっと不便な気がするんです。
階段持ち上げるの大変ですよね。
たいして役にたってないゴロゴロの野郎が意外に重くて、
普通の荷物以上に運ぶのが大変なわけです。

あと、旅行中に荷物が増減しても常に体積は一定。
カバンをつぶすことができないんですよね。
保管するにしても、うちの狭い収納スペースの
大部分をとってしまう。

現に、今持っている長期旅行用の大き目のスーツケースは、
収納に入らず、今もダイニングをゴロゴロと転がっています。

 ほらっ そこの棚から物とりたいんだよ
 おまえ邪魔だあっち行けー
 ゴロゴロゴロ〜



ということで、おしゃれさんがみんな持っている
ゴロゴロカバンは残念ながら却下になりまして、
普通の旅行カバンをずっと探していました。

ヴィトンとかブランドだったら、
素敵な大きいサイズのカバン沢山あったんですけどねぇー

値段の桁が・・・(┳_┳)


新宿、渋谷、池袋、上野、幕張のアウトレット、地元のお店
と探しまくったのですが、
なかなか気に入ったものが見つかりません。
しかし、先日ようやく、
これだ!ってのを見つけました!


ネットショップで。。。


すっごく身近なところにありましたね。
これからは、まずネットショップで探すことにします・・
posted by ちゃゆきちゃん at 08:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

いじめられ経験

ここ最近いじめ問題が取り上げられているので、
自分はどうだったかなぁと思い出してみました。

「いじめられました」ってはっきり言えるようなことは
なかったんですが、
これっていじめかなぁ?というような体験はありました。

小学校3,4年の頃でした。
エリカちゃん(仮名)とまさみちゃん(仮名)という
クラスの女子の中心的人物がいました。
彼女達、昔は仲良しだったんですが、
ある時二人が大喧嘩をしたのです。

それに巻き込まれたのが、わたしたち一般クラスメイト。

エリカちゃん側につくのか、まさみちゃん側につくのか
派閥問題ですよ。

わたしはクラスでは色々な人と遊んでたんですが、
ある日、たまたま一緒に遊んでたメンバーが
エリカちゃん達だったんです。

その日、一日遊んでただけなのに、
気付いたら、わたしはエリカちゃん派閥に入れられてました。


 いや、エリカグループに入った覚えはないんだけど。
 入部届けも出してないし。。


わたしは、まさみちゃんグループの子とも仲良かったんです。
まさみちゃん側の友達とも遊びたいし、
勝手にエリカちゃん側にされても困ります。
かといって、まさみちゃんグループに入るつもりもありません。
グループとかめんどくさいから、
どっちにも入るのをやめようとしました。

とりあえず、強制入部になった
エリカグループを抜けようとしまして、
エリカちゃんに、

「わたし、エリカちゃんのグループやめるから。」

と言ったんです。

次の日、同じクラスの男子に言われました。

「昨日の放課後、ちゃゆきの机、エリカ達が蹴ってたよ。」


グループを勝手に抜けたことに腹をたてたんでしょう。
わたしが帰った後に、
「ちゃゆきムカつくー」
とか言って、蹴っていたんでしょう。

これ、いじめの一種だと思うのですが、
その時、わたしが思ったこと、

 エリカ達、そんなことしてたんだぁー
 先生に言ってやろう〜( ̄ー ̄)ニヤリ


なんか知りませんが、勝ち誇ってました(笑)
この男子の目撃証言があれば、
裁判になっても100%勝てると思ってたんですよねww

この二大派閥問題は、その後すぐに緊急学級会で
クラス全員+先生を交えて
話し合うほど大きい問題になりました。
結局、学級会では、エリカちゃんとまさみちゃんが完全に悪い
みたいな空気になっていて、
さすがにわたしは、
それに追い討ちをかけるような鬼ではないので、

「先生、エリカさんは、わたしの机を蹴っていたそうです!」

と、いつ発言しようかと機会を窺っていた
目撃証言の出番はありませんでした。
最後はエリカちゃんとまさみちゃんが
謝り合って和解する形で幕を閉じました。


いじめられ経験といえば、もう1個ありました。
小学校6年生の時、クラスの中心的女子、
樹里ちゃん(仮名)グループに無視されていたんです!

しかし、そのことを知ったのは中学に入ってから。
うちの中学は隣の小学校と一緒になるんですが、
隣の小学校から入ってきた子に言われたんです。

「ちゃゆきちゃんって、小学校ん時、
 樹里ちゃん達に無視されてたんだって??」

「えっ??そうだったの??
 わたし、樹里ちゃんと喋んないから

 無視されてたなんて、

 知らなかったわwwwww」



こんな体験しかないようじゃ、
本当にいじめられている人の気持ちはわかりませんね。。。

いじめる側は加害者意識がないことが多いので、
たぶんとしてしか言えませんが、
わたしは、いじめっこ側になったことはなかったと思います。

なぜなら、

「弱い人を助ける。
 それがヒーローの役目だぜ!!」

っていう戦隊モノに憧れてた子だったんで(笑)
posted by ちゃゆきちゃん at 07:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする