2006年01月31日

怖い夢

たまになんだけど、ものすごく怖い夢を見るときがある。



どこに行っても闇。

闇と言っても完全な闇ではない。

うっすらと道はある。

その道は、実家の近くの道だったり、

旅行先で見た景色だったり。

でもどっちに歩いても誰にも会えないんだ。

太陽も出ることはない。

光がほしい。

光を体に浴びれば、わたしはこの闇の世界から抜け出せる。



あった!

扉だ。

この扉の先には光がある。

これで、わたしは元の世界に戻れるんだ!!




・・・と言う感じで目が覚めます。

こんな夢をみた原因はわかってます。





漫画喫茶でサスペンスホラー漫画を
3時間ぶっとおしで読んだからだよー(≧▽≦)


読んだのは、ヤングマガジンで
連載されている「彼岸島」って漫画です。

吸血鬼の住む島に連れて来られた主人公達が
島から脱出しようするのですが、
吸血鬼の追っ手からなかなか逃げられない。

イメージ的には漂流教室みたいな感じ??

ちょっと酷いシーンも多いんですが、
先の展開が読めなくて一気に読んでしまいました。

伏線が沢山張ってあるので、最近の巻を読んでから、
もう一度1巻を読んで、
あー、こういうことだったのねー
と、読み返すのも楽しいです。

新しいコミックスが出たら、また漫画喫茶行こう〜っと。


貴重な休日をこんなに無駄に過ごしています(-_-)
posted by ちゃゆきちゃん at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

週末の恋vol.8大阪編前編

毎回注目する人がいます。
前回のみっちーポジションにいるのが、


ミスチル桜井???????????




こうちゃん。

23年彼女いないって、そんな感じに見えませんね。
初対面の女の子とも普通にしゃべってるし。

男の人って、見栄をはったりしちゃうことあるけど、
堂々とつきあったことないって言われると、
彼女になったら、きっと大切にしてくれそうだなー
と好感がもてます。

こうちゃんの良かったところは、
まりえちゃんが飲み物吹き出した時に、
さっと、タオルで拭いてあげたところですね。

ちょうど、よそ見をしていたので、
何が起きたのかわからなくて、
ついつい巻き戻ししてしまいました。

まりえちゃんごめんね(~o~)

女の子の失敗をすぐにフォローしてくれる
優しさがプラスポイント。

千恵美ちゃんも言ってたけど、
あとは強引さが足りないんだろうなぁ〜。

たかちゃんは場の空気がちゃんと読めて、
みんなを引っ張ってってますね。
「俺いっつもふられてるんだー」
笑顔で言えるのもかわいらしいです。


女の子は、まりえちゃんが本当に恋したくて、
千恵美ちゃんは、ただついてきただけって感じですね。

友達二人がちょうど同時に恋の相手を
探してる状態ってあんまりないですからね。

気になったのは、本音メール。

「桜井と森山未來に似てるー」

「こうちゃんかっこいいー」

後で放送されることを考えてるのか、
褒め系メールばっかりでしたね。

それ、ホントに本音ー??

とツッコミ箇所が多かったです。



★〜観覧車好きちゃゆきの今日のチェックポイント〜★

女の子がドンキの観覧車乗りたいって行ってましたね。
でも乗ったのはHEP FIVEの観覧車。
なぜドンキじゃなかったのか?

ドンキの観覧車は椅子が1列の、平べったい形なので、
正面にカメラが取り付けられなかったからだと見た!!


今のところ、男性陣は
たかちゃん→まりえちゃん
こうちゃん→千恵美ちゃん
と担当が決まりかけてる感じ。

たかちゃん-まりえちゃんカップルはありそうだけど、
あんまり恋愛する気の見られない千恵美ちゃんを
落とすのは相当難しそう〜

ここでコウちゃんの今まで見せなかった強引さですヨ

「千恵美、俺の自転車の後ろに乗ってくれ!
俺がおまえを日本一周に連れてってやる!!」

「コウちゃん・・・・ス・テ・キ♪」


あのコウちゃんが強引さを見せるというギャップ感に
千恵美ちゃんはもうメロメロ。

そんな後編にはならないと思いますが、来週も楽しみです。
posted by ちゃゆきちゃん at 08:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 週末の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

札幌・小樽旅行記 その5

060121 005a.jpg

旅行記最終回です。


冬の札幌といえば・・・

「雪祭りーーーー」


まだ先だけど、もしかしたら、雪像作ってるところ
見られるかもーーーーー

ということで、3日目はまず大通り公園に向かいました。


続きはこちらから♪
posted by ちゃゆきちゃん at 12:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

札幌・小樽旅行記 その4

060121 018a.jpg

週末の恋は見たんですが、旅行記が終わってから感想upしますので、
少々お待ち下さい。
旅行記は明日で終わります。


さて、せっかく小樽に来たんだし、
全国の水族館を制覇する夢を持っているわたしとしては、
「おたる水族館」に行かなくては!

と思っていたんですが、冬期はお休みなんですね。
これだけ寒いからねぇ。魚も冬眠してるんでしょうか。
残念です。



わたし「でも、せっかく小樽に来たんだから、何か見ようよ!」

相方「・・いいけど、寒いから室内ね!」



小樽運河の倉庫街は凍死するかもしれないので、
南の方へ歩いて行きました。


続きはこちらから♪
posted by ちゃゆきちゃん at 09:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

札幌・小樽旅行記 その3

060121 014a.jpg

2日目はホテルのバイキングで朝食をとりました。
この朝食がメサメサおいしい。
あれもこれもと次々お皿に盛り付けました。
昨日さんざん夕食食べたのに、ものすごい食欲。
 
お腹もいっぱいになったところでお出かけしました。


続きはこちらから♪
posted by ちゃゆきちゃん at 07:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

札幌・小樽旅行記 その2

060121 021a.jpg

千歳空港到着〜。
相方の飛行機も少し遅れてたらしく、1時間待たせただけで済みました。

千歳空港から札幌までは、JR千歳線快速エアポートで36分。
本当は1日目も札幌で遊ぶつもりだったのに、
もう夕飯の時間になってしまいました。

1日目の夕飯は、

か☆に



続きはこちらから♪
posted by ちゃゆきちゃん at 07:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

札幌・小樽旅行記 その1

060121 033a.jpg



1月21日。
朝起きてカーテンを開けると、そこには真っ白な世界が広がっていました。

雪。

ずっと降らなかった東京にも初雪が。
しかし、わたしはこれから、もっと寒い土地に向かうんだ。

 ゆ〜きやこんこん あられやこんこん〜♪

今日は楽しみにしていた北海道旅行。
旅行で北海道行くのは5年ぶり。
鼻歌を歌いながら、準備を整え、わたしはご機嫌で羽田空港へ向かいました。

雪で電車が遅れることもなく、ラッキーにも電車は、快速続きで、
余裕を持って、空港に到着することができました。

 うふふ。こんなラッキーなのは、わたしの日頃の行いがいいからだわー

しかし、そんなご機嫌な気分も束の間、
空港の出発ゲートのエスカレーターを上りきった時、異変を感じました。

・・何かがおかしい・・・。


続きはこちらから♪
posted by ちゃゆきちゃん at 08:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

週末の恋vol.7奈良編後編

はい、名言出ました!!
今週はやっぱりこのセリフですよね。
ミッチーの

「帰りたくないねー 帰したくないねー」



うーーん、今週は良かったです。
前半はミッチー以外恋が動かないので、心配でしたが、
後半はいい感じでした。

ケンくんとナホちゃんの最後の握手シーンは良かったですよね。
ちょっと照れた感じでずっと握手してて、最後にギュって抱きしめるのが
すごーく良かったです(*/∇\*)

ユミちゃんは、お姫様抱っこもしてもらったりで、いい感じだったので、
もしや、ついに2組カップル完成??

・・・と思っていたのですが、



やっぱ毎日メール発言が重かったかぁーーー(笑)



いや、わかりますよ。
生活の中で恋愛が占める割合が、お互い同じくらいじゃないと
つきあうのって難しいですもんね。
ユミちゃんの選択は間違ってないと思います。

でもミッチーも別に、毎日連絡を取り合わなきゃだめな人
ってわけじゃない気がします。
あの時は、彼女を大切にする男だということをアピールしたくて
つい言ってしまっただけじゃないかな〜?

それだったら、本当にミッチーは不運な男です(笑)

どうなんでしょう?
女の子で、彼からまめに連絡がないと不安で仕方ない
という人は結構見かけますが、
男の人で、彼女とずっと連絡をとりあっていたーい
っていう人っているんでしょうか?
あんまり聞いたことないですね。


その他、感想。
奈良って、大仏、奈良公園、法隆寺くらいしか思いつかなかったのですが、
安倍文殊院とか明日香村とかいいですね〜。
着物着て散策デートもとっても良かったです。
甘味処は女の子にとって嬉しいですね。
ナホちゃんは背高くて細身だから、着物姿似合ってましたね。

わたしの中で、名言ナンバー1は
ミッチーの「帰りたくないねー 帰したくないねー」なんですが、
ケンくんの
「このままじゃロンリーチャップリン状態になる」
という言葉も気に入りました。
これから使わせて頂きます。


今週はミッチーがロンリーチャップリンでしたね〜。
残念です。でも、ミッチーがいたおかげで楽しく見れましたヨ♪
posted by ちゃゆきちゃん at 06:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 週末の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

休暇届

今週のわたしの予定。

水曜:飲み会
木曜:テニス
金曜:飲み会←今ここ
土曜:旅行
日曜:旅行
月曜:旅行
火曜:飲み会


引きこもりが売りのわたしですが、
今週は引きこもりキャラを台無しにするような
対人関係良好風な人の生活を送ってます。


今日も帰ってから、週末の恋を見る予定だったのですが、
思考能力がなく、感想が書けません。。。


次回ブログ更新予定は、
23日(月)か24日(火)を予定しています。
週末の恋の感想もその頃書きますので、お待ち下さい。
その後、旅行記も書く予定です。

では皆様良い週末を〜


今、お酒がまわってきて、とっても眠いです。
明日旅行なのに、ちゃんと起きられるか心配です。
どうしよう。これから旅行の準備しなky  (-_-)zzzZzzzzzzZzzzZ
posted by ちゃゆきちゃん at 00:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

恋愛物語〜中学生編〜

自分の恋愛話意外にに書けるぞ〜

次は中学生編だーー


・・・って思ったんですが、


中学の時の恋愛は本当にゼロでした。。


男子とほとんど話さなかったから(≧▽≦)



異性の意識の仕方って成長とともに変わっていきますよね。
一般的にはこんな感じでしょうか。


まず、小学校の時は、男子が女子をからかったり、
女子がふざけてる男子に怒ったりする。
男子の背中、思いっきりぶっ叩いたりしてましたよね?(~_~)

中学に上がるくらいから、男女の意識が生まれて、
ちょっと距離を開けるようになる。
今まで通り一緒に遊んだり、ふざけあったりしなくなる。

でもその壁を越えると、今度は男女関係なく友達として話せるようになる。
そして、そのうち男女グループで遊んだりするようになる。

でも、わたしは、中学時代なかなかその壁が越えられませんでした。
他の女の子グループが男の子グループと遊ぶ約束しているのを見て、
うらやましいと思いつつ、そこに加わることはできませんでした。

たまに男子に話しかけられると、何喋っていいかわからなくて
パニックになっちゃいました。
すげぇおどおどしてました。
電車男状態ですよ。


わたし、中学の時からドラクエしたり、ジャンプ読んだり、
男子とかなり共通の話題があるので、
いつも男子の話題にはすごく入りたかったんですが、
話しかける勇気がありませんでした。


当時の中学男子、教室での会話。

クラスの男子「クリフトって超使えなくない?」

わたしの心の声(うんうん、やたらとザキばっか使いまくるよね。
で、肝心なときにベホマラー使ってくれないのね。ホント超つかえないよねー。)



クラスの男子「電影少女ってすげーエロくないー?」

わたしの心の声(うんうん、チョーエロいよね。でも泣けるよね。
悲しい追いかけっこの回は何回も読み直して涙したよ。伸子ちゃんせつないー。)



あの時、沢山の名無しさんに背中を押してもらえれば、
わたしも男子と喋れたのかも・・・
電車男の気持ちがよくわかります(笑)


フォークダンスで男子と手をつなぐだけで、
本当はドキドキしちゃうような女の子だったんですが、

「別に、手つなぐなんてたいしたことじゃないよ〜」

と涼しい顔をしてるような子だったので、
わたしに近づくような男の子もいませんでした。


恋愛ゼロだったのに、振り返ってみると
なぜか中学の時が一番楽しかったんですよね〜。
これで恋愛もしてたら、最高の学校生活だったんだろうなぁ。

サッカー部とかバスケ部とか、好きな男子に
試合が終わって、

「おつかれさま♪」


とかいって、差し入れを差し出すの。
男の子がタオルで汗ふきながら、

「サンキュ」

とか言って、照れた顔で受け取るの。


やってみたかったヨーーーーーーー



空想ばかりで、中身のない恋愛話でごめんなさい。
ひとまず恋愛話はここで、いったん区切ります。
もうちょっと中身のある高校生編も書き始めたので、
機会があったら公開します〜♪
posted by ちゃゆきちゃん at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

続・初恋物語

昨日のわたしの初恋話を読んで、

小学校4年生の時から、好きな人が3人もいたり、

好きな人を積極的に聞いたり、

両想いだったりするし、

これまで相当、充実恋愛してきただろうなぁー

っていうか恋愛苦手苦手言ってるけど、

猫かぶってるだけで、

実は相当男と遊んでるんじゃないの?

純情ぶって私達を騙すんじゃないわよ

ふざけんな

後で、校舎裏に一人で来なさいよ!



と思った皆さん


残念!!

わたしは本当に恋愛に奥手な女の子です(^_-)-☆


その事実を必死で証明するために、昨日の話の続き。

NくんやSくんの好きな人を脅して聞いた後、
わたしは一番仲のよかった友達の女の子に、
自分の好きな人3人をこっそり教えたんです。

 実はわたし、NもSも好きなんだーって。
 絶対秘密だからネ

と念押ししたにも関わらず、

友達が他の子にそれを喋っちゃったんですよ。
その噂があっというまに、クラスの男子まで広まってしまいました。

というか、何でうちの親まで知ってんだヨ!!

噂って本当に怖い。
好きな人をみんなに知られてしまったのが恥ずかしかったんですね。

勉強もスポーツも常に男の子と張り合ってて、
男の子と口げんかしまくるわたしが、
好きな男の子がいるんですよ。

昔から自意識過剰な子でした。
みんなにそういう目で見られるのが、恥ずかしくてしょうがなかったんです。

それ以降、好きな人が出来ても友達に相談したことがありません。



友達「ちゃゆきは好きな人いないのー?」

ちゃゆき「ザーボンかっこいいよね。ザーボン。・・・あ、変身前ね」


友達のバレンタインチョコ渡すのにはついて行ったりしたんですけどねぇ。
あー、わたしも中学生くらいの時にドキドキしながら、
バレンタインチョコを渡す経験をしてみたかった〜。

友達にも話せないんだから、
自分から好きな人に話しかけるなんて、恥ずかしくてできません。
好きな人からたまたま話しかけられて、
つい嬉しくてすごい笑顔で返答しちゃって、


やっべー!!気持ち気付かれたかもー!!!


って思って、急にそっけなくしちゃうこともあるくらいです。

そんなんじゃ絶対気付かれないから(笑)


そんなわけで、わたしの純情乙女ぶり理解してもらえたでしょうか?


自分の恋愛話語るの苦手とか言いながら、まだまだ書けそうなので、
もうちょい続きます。
posted by ちゃゆきちゃん at 08:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

初恋物語

自分の恋愛の話をするのって、ものすごく苦手なのですが、
昔の話だし、ブログだし、書いてみようと思います。


わたしの初恋は小学校4年生の時。
同じクラスのNくん。背は低くて、運動神経はよくて、
いつも笑顔で明るい男の子でした。
ちょうど小学校3、4年の頃って、誰が誰を好きとかいう話で盛り上がる時期です。

わたしもNくんに

「Nの好きな人教えろよー。てよー。」


と下校途中にNくんに詰め寄りました。聞いてみました。



あ、注釈しておきますが、わたし今ではネット大好きのひきこもり女ですが、
小学校中学年くらいまでは、下校途中に階段の手すりを滑って、誤って後ろに倒れ、
地面に背中を打ちつけたり(ランドセルがクッションになり助かった)、
校庭掃除の時間なのに、なぜかタイヤから落ちて頭を打って保健室に
運ばれたりする活発な女の子でした。


Nくん「えー。じゃあ、ヒントだけね。T町に住んでる子。」

T町に住んでる子は何人かいます。

ちゃゆき「それじゃあ、わからないよー。もっとヒントー。」

Nくん「じゃあ、白組の子」

体育の時って、クラスを背の順で、赤組白組に分けてましたよね?
その白組ってことです。

ちゃゆき「わかんないー。もっとヒントー。」

Nくん「じゃあ、背は低い方。」

今までのヒントを掛け合わせると、クラスの女子で当てはまるのは一人だけです。
それは。。。



わたしじゃん。。。。。



今でこそ平均身長を超えていますが、
わたし小学校の時は背低くて小さかったんです。


わたしなのかも〜と思ったんですが、
ちゃゆき「それってわたし?」って聞いて、
Nくんに「いや、違う。」って言われたらショックなので、
わからないふりをしていました。


その頃から、わたしすごい慎重派(笑)



ちゃゆき「えー、わかんないよー。ちゃんと教えてよー。」

Nくん「えーー。」


ちゃゆき「教えて教えてー。」

Nくん「わかった。


100円くれたら教えてあげる




ちゃゆき「えー高いよー。」


小学校4年生の100円って言ったら大金です。
毎月のお小遣いが400円の時代ですよ。
4分の1ですよ。
月収が20万円だったら、5万円相当ってことですよ。


Nくん「わかった、じゃあ90円にするよ。」

ちゃゆき「高いよー。」


Nくん「それ以上は安くできない。」

しばらく値引き交渉が続きました。
しかし、わたしが折れました。

ちゃゆき「・・・わかったよ。90円払うから教えてよ。誰なの?」




Nくん「ちゃゆき。」





ちゃゆき「・・・・・。」




Nくんは、さらっと答えました。
その後、わたしがどういうリアクションとったのか覚えてません。
嬉しかったんだろうけど、わたしも好きだとは言わなかったなぁ。
たぶん照れてそっけなくしちゃったんだと思う。
思春期の男子かヨ!(笑)


それに、誰と誰が両思いだーって騒ぐことはあっても、
小学校4年生でつきあうとかデートするとかいう概念がなかった。
別に好きだから二人で一緒にいたいっていう感情もまだ持ってなかったし・・。

それが本当に初恋になのか?って言われるとわからないけど、
Nくんはクラスの男子の中で一番のお気に入りの存在ではありました。


あ、書き忘れましたが、

わたしその時、



Nくんの他にも、好きな男子あと2人いました(≧∇≧☆


で、

そのうちの一人の男の子Sくんにも「70円払うから好きな人、教えろヨー」
って言って教えてもらったんですが、


Nくんにも

Sくんにも


いまだにそのお金払ってません。



そろそろ初恋の人が、借金の取立てに来るかもしれません。
posted by ちゃゆきちゃん at 08:25| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

あいのり感想

★7/5追記
田上くんのキーワードで辿り着いた方、すみません。
ここには、わたしの毒舌しかありません。

でもせっかくなので、
田上くんの彼女発覚の感想でも書いてみます。
あいのりの掲示板など見ると、
今回の田上くんの彼女発覚には
怒りの声が多いんですね。
でも、わたしは田上くんが嫌いではありません。
逆に今回の件ですごいなと。

「サッカーばっかりやってたから恋愛してないんだ。」
とか言ってましたよね?

何この騙しのプロ?
ホストもビックリですよ。
とにかく女性とか視聴者とか全てを騙しちゃうのが、
ホントにすばらしすぎです。
女性を騙すためにあいのり出ますってなかなか出来ないですよ。
二十歳の小僧のくせにすげえですよ。
面白すぎ。田上くんサイコーーー


こんな奴を彼氏には絶対したくありませんがね┐(´〜`)┌

-------------------------------

あいのりの感想サイトは山ほどあるので、
あえてここで感想書く必要はないと思っていたのですが、
昨日の放送は言いたいことが山ほどあるので、書きたいと思います。
毒全開なので、気分を害したらごめんなさい。


まず梅ちゃん。
梅ちゃんのこれからの恋愛にわくわくしていたのに、がっかりです。
日本に好きな人がいるなら、なぜすぐに帰らないの?
そもそもスーザンを気になってるって言ったのは、何だったんですか?
梅ちゃんのリタイヤシーン全く感動しなかったです。


田上くん。
イケメン、サッカー少年って、あいのり来なくても彼女できるでしょう。
まだよくわからないので、あまり毒ははきません(イケメンだし)


麻雀女。
この人は、純愛を売りにする番組にふさわしくないんでは。。
着エロって何かわからなくて調べちゃいましたヨ。
アレックを誘惑しないで下さい。


歯医者ホスト。
有名になりたいだけで、恋愛する気が全く見えないんですが。。。
俺は偉いんだな的な感じに最初から引きました。
スタッフの歯でも治療して早く帰って下さい。


さんざん文句を言いながら、来週も見ますけどネ。

(ヒデのネットショップ見つけたんだけど、
今朝見たらつながらなくなってました。。)
posted by ちゃゆきちゃん at 08:41| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

〜傘の死因ランキング〜

第1位 強風で骨が折れる
第2位 盗難
第3位 黒ずむ(薄い色の傘のみ



だいたいこの3パターンが主流だと思います。

しかし、わたしは一昨日、これとは違う要因で傘を亡くしました。

愛用の500円で買ったピンクのビニ傘。
やはりビニ傘はピンクに限ります。

なぜなら、間違えられることもなく、盗まれにくい。
特に男性はピンクのビニ傘を盗むのは躊躇することでしょう。
透明と緑は盗まれた経験ありです。
買ったばかりの傘を盗まれた時は、怒りで体が震えました。
すぐそこにコンビニあるんだから、買えヨ。


ピンクのビニ傘の話をする前に、先代の傘の話をしましょう。
わたしはこのビニ傘を使う前は、
千円以上で買ったちゃんとした傘を使っていました。

しかし、彼女はかわいそうなことに、
自転車の車輪に巻き込まれて死亡しました。

交通事故です。


自転車のハンドルに傘を引っ掛けて走っていたら、
突如車輪に傘が引っ掛かったのです。

針金の部分はバキバキ、見るも無残な最期でした。

彼女を惜しみつつも、新たなパートナーを求めて、
新しい傘を購入しようと思ったのですが、
家には2本のビニ傘が余っていました。

ビニ傘は増える一方だし、
たまには普通の傘として使おうではないかという結論に達し、
一昨日までピンクのビニ傘を愛用していた次第です。


しかし、そのピンク傘も。

・・・・・・。

老衰でした。
おそらく歴代の傘たちの中で、最も素晴らしい生涯を遂げたと思います。

一昨日、飲み会の帰り道、ビニ傘を開くと



穴が開いていました(T_T)



ビニールの部分が2箇所裂けて、ぽっかり穴が出来ていたのです。
それが彼女の最後でした。
今まで、雨や雪からわたしを守ってくれて本当にありがとう。
あなたのことは一生忘れません。


傘、買いに行ってきます。
posted by ちゃゆきちゃん at 07:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

雪の思い出

大雪で大変な地域も多いですが東京は降りませんね。
今日は、雪のおかげで大変な目にあった思い出話でも。
今から8年前。学生時代の話です。
(すごい長文になっちゃったので、暇な時にでも読んでくださいね)



その日は、東京にしては珍しい大雪でした。
朝から降り続いている雪は、午後になっても止む気配はありません。

午後6時頃、わたしは、いつものように大学から帰宅しようと電車に乗っていました。

これから待ち受ける運命も知らずに。。。



それは、大学と家のちょうど中間地にある駅に到着した時に起こりました。
車内放送。

「雪で電線が切れたため、電車はこの駅で一端停止します。」

わたしは、これから家に帰るだけであり、別に急いでるわけではないので、
焦らずのんびり電車が動くのを待っていました。


電線なんて、つなげばすぐ動くだろう。

わたしは無知な学生でした。
それは甘い考えであることをすぐに思い知らされました。
待てど待てど電車は動く気配を見せません。

しばらくして、また車内放送が流れました。
電車が運行を再開したのかと思いきや、
その夢と希望は無残にも崩されました。


「再開に時間を要しますので、乗客の皆様は一度下車願います。」


電車を降りるのはいいけど、一体どこへ行けば?

これが家の近くの駅なら歩いて帰れる。
大学の近くの駅なら近くに住んでいる友達の家に入れてもらえる。

よりによって、なぜ知り合いもいない中間の駅??

駅を出るとバス停には、これまで見たことのない人の列が出来ています。
そして、バスは全く到着しそうにありません。
そもそも、このバスに乗ったところで、家には帰れません。

タクシーも長蛇の列です。
そしてバス同様、タクシーも全く来る気配を見せません。

まずは親に電話して、電車が止まって当分帰れそうにないことを伝えました。

母「車で迎えに行ってあげるわ。」

30分後。
母から電話がありました。

「ごめん。迎えにいけない。
車がすごい渋滞で、30分経っても1キロしか進めないの。

何もできないから、あとは一人でがんばって。

歩く速度よりも遅い車。
突然の大雪だったので、おそらくノーマルタイヤで走っている人が
道路の途中で走れなくなったり、
電車が止まって、同じように迎えに行こうとしている車で溢れているんでしょう。


おとなしく電車が動くのを待つか。。


外で待つのは寒いので、駅前のミスドに入りました。
温かいドリンクとドーナツで腹ごしらえ。
席は満席で座れないので立ったまま、ドーナツをかじります。

しかし電車は動く様子がありません。

時刻は深夜11時。
悲しい事実が、わたしの前に突きつけられました。


ミスド閉店で〜す♪


店員さん、申し訳なさそうに

「ごめんなさいね。うちの従業員も帰らないといけないから。。」

と言いながら、手早くシャッターを下ろします。
店員さんもこんな大雪の日に遅くまで仕事をしたくないんでしょう。
ミスド内に安住の地を得ていた避難民達は、寒い外へ追い出されました。

そのまま外にいるのは寒いので駅構内に戻りました。
しかし、電車が頻繁に走っている東京のマイナーな駅では、
地方の駅のような待合室というしゃれたものは存在しません。

駅のどこにいても冷たい風がふきこんで来て寒い。

ミスド内にいる時から、ずっと立ちっぱなし。
さすがに立っているのが疲れたので、座りたくなりました。
しかし駅の床は冷たい。

ちょうど旅行会社のパンフレットが並んでいたので、
何冊か抜き取りそれを床に敷いて、座り込みました。

でもやっぱりお尻は冷たい。
一体あと何時間、この状況で過ごすのだろうか。

寒さに震えながら、しばらく耐えていると

「駅員室のほうへ皆さんどうぞ

と駅員さんから案内がありました。

駅構内に散らばっている避難民達は、ずらずらと駅員室へ入り込みました。
駅員室の中は暖房がきいています。


暖房だ。

暖房があるよ。

なんて幸せなんだろう。


数十名の避難民達は狭い駅員室の中に詰め込まれました。

ちょうどその頃、親から連絡がありました。
どうやら近所のお姉さんが、同じ駅にいて、
わたしと同様避難生活を強いられているというのです。
PHSにそのお姉さんから連絡があり、狭い駅員室でお互いの姿を
見つけることができました。

しかし、駅員室内は、人がギュウギュウで動けなかったので、
手だけふって挨拶しました。
こういう時に知り合いに会うのは本当に心強いですね。

駅員室の暖房で体が温まり始めた時、再び駅員さんがやってきました。

「公民館の準備ができましたので、皆さん移動して下さい。」

数十名の避難民達は列を作り、
駅から徒歩5分ほどの公民館に強制移動させられました。

公民館では、非常用のお水とカンパンが支給されました。
ミスドでお腹が満たされていたわたしは、カンパンは口にしませんでした。

公民館の中にはホールがありました。
我々はホールの観客席に座り、毛布にくるまりながら、仮眠をとりました。


朝7時半。

寝静まるホールの中に、ようやく電車が動いたのとの連絡が入りました。
電車が止まってから12時間以上。やっとです。
みんな疲れた顔をしながら、駅に向かいます。

お姉さんは仕事があるので、そのまま、また会社に行くそう。
社会人の素晴らしさに胸を打たれました。

わたしもその日は、1限から授業があったのですが、いったん家に帰ることに。
でもその授業は出席をとる授業だったので、
お家で温かいお風呂に入ってから、また学校に向かい、
遅刻でしたがちゃんと授業に出ました。

わたしも素晴らしい学生です。
(テストで点とれないので、出席点がないと単位とるのがキツいからなんだけど)


そして、悪夢のような長い1日が終わりました。


そんなわけで、東京の雪にはあまりいい思い出がありません。
見る分にはキレイなんだけどねぇ。
posted by ちゃゆきちゃん at 11:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

週末の恋vol.7奈良編前編

ミッチー、かわいそ過ぎ(笑)


「まめに連絡とる方だし、毎日メールもする」

って言ったのは、

最近、彼女にろくに連絡もとらないような男が増えてるけど、
俺なら彼女にそんな寂しい思いはさせないゼ!!

と思っての発言ですよね。
自身満々だったし(笑)

それが、二人ともに大不評。。。
ホントかわいそう(T_T)


わたしも、そんなに連絡は取り合わなくてもいい派で、
女としては珍しい方かなぁと思っていたんですが、
最近のこういう女の子増えてきてるんですかね?

女性が仕事で活躍する世の中になっていって、
女性の恋愛生活スタイルも変わっていってるんでしょうか。


★参加者の印象
〜女性〜
ナホちゃんの趣味:カフェ巡り・ピアノ
これぞお嬢様の趣味って感じですよね〜。
奈良公園の鹿に、真っ白なコートとスカートが
汚されないかヒヤヒヤしてみてました。

ユミちゃんは、最初ナホちゃんと正反対の元気な女の子って
感じかと思ったら、そんなにハジけてなかったですね。
いや、男性陣と比べちゃったから、そう見えるだけかな?(笑)
いつも笑顔でいられるのは、本当に好印象です。

〜男性〜
先週の予告を見た時は、女性が引かないか激しく心配しましたが、
ちゃんとついていけるノリでしたね。安心しました(笑)
そして、本音メールの声優さんのテンションが
異常に上がりまくりで、めっさ笑いました。

今までの参加者が、似ている芸能人を挙げて全く似ていなかったから、
今回も期待していなかったんですが、堂本剛と金城武は思ったより似ていましたね。
特にケンくんの車の運転席に座ってるシーンは、角度的に堂本剛っぽかったです。

ケンくんは童顔だから、ミッチー29歳と見られてもしょうがないですヨ。
そう落ち込まないで(^o^)/


全体的に会話が面白くて、見ていて楽しかったです。
一番笑ったのは
おじちゃんの750万両ですが(笑)

エルモとスヌーピーのプレゼントをあげる気遣いもあるし、
カラオケも楽しそうでいいですね〜。
青春アミーゴとか男二人で歌うと、すごい盛り上がりそう〜。
わたしがヒトカラで青春アミーゴ歌った時より
盛り上がっていましたよー(≧∇≧☆

1日目は、会話は盛り上がっていたけど、
恋愛的な積極性はあまりなかった気がします。
2ショットで行動するのも遠慮勝ちだったし、
まだ奥まで踏み込めていけない感じ。

でも来週の予告を見ると、ずいぶん親密になったっぽいですね。
どうなったんだろう。楽しみー♪
そして、

ミ ッ チ ー 挽 回 ガ ン バ レ !
posted by ちゃゆきちゃん at 10:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 週末の恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

コンソメスープ

コンソメは偉大だ。


残り物の野菜をコンソメ入れて茹でるだけで、
あっというまに具沢山のスープ完成。

残り物の野菜がキャベツだけでも
立派なキャベツのスープの完成。


この寒い季節は熱々のスープがおいしいですねー(@^▽^@)

060112 001a.jpg

今回作ったスープはこんな具。

鶏のささみ・人参・セロリ・ブロッコリー・エリンギ・玉子豆腐・生姜


はなまるマーケットで、キャベツと玉子豆腐とニンニクと生姜のチューブを
入れたコンソメスープをやっていたので、玉子豆腐と生姜は、真似してみました。
(にんにくは家になかった。)

生姜もチューブはなかったので、みじん切りを入れたんですが、
香りがよくいい感じに仕上がりましたよー。


一人暮らしで大量に作っちゃうと、毎食同じ味で飽きてしまいますが、
コンソメのいいところは、後でいくらでもアレンジが出来ることですね。

060112 003b.jpg

★牛乳を入れてミルクスープ

★カレーパウダーを入れてカレースープ

★お酢をいれてさっぱりスープ

★チーズを入れてチーズ入りスープ

★パンを入れてパン入りスープ



要するに何に対しても合うってことですね。

わたしもコンソメのような人間になりたい・・・。
posted by ちゃゆきちゃん at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

愛とブログ

最近気になるアイドル。
和希沙也ちゃん。

GyaOのバラエティ番組、「愛とブログ」に出ているのを見て知りました。
最初はテレビなのに、座る姿勢悪いなぁと思っていたんですが、
かわいいし、さわやかだし、突っ込みも的確だし、
ハキハキしていてファンになりましたぁ。



またGyaOネタですいません。
この「愛とブログ」という番組、これまた突っ込みどころ多い。

カップルの本音のブログ(というか日記)をお互いが覗いて、
その後カップルの気持ちがどう変わるかという番組です。

よくある番組のような形式なんですが、
イロイロすごい。


以下、番組のネタバレ含みます。






どこがすごいかというと、まず、カップルがすごい。


★第1回 ニート×人妻

この人妻がダメダメ過ぎ。
ニートが頑張って職を探そうとしてるのに、

「就職情報誌なんて見てたら、二人で過ごす時間がもったいないわ〜」

とか言って、職探しの邪魔をする。

今、日本政府はニートを減らそうと頑張ってるのに、
ニートを応援している杉村太蔵くんもお怒りですよ。

しかもこの人妻、ダンナと離婚して、このニートと早く結婚して
子供がほしいと言ってます。
今までダンナの金でエステとか行ってたのに、
無職の男と結婚してどうやって子供を育てるの?

何も考えてないダメダメぶりがとにかくすごい。


★第2回レズカップル

こういうカップルってあまり人前に出ることないから、衝撃的。
同性ってこと以外は、普通と変わらないカップルであることにもビックリ。


★第3回 24才の男の子と××のカップル

いや、もうありえない。
意味がわかんない。
彼女の下着を買いに行ったシーンを見て、
もしかしたら・・と嫌な予感がありましたが。。。。

カップルもすごいけど、もっとすごいのは
ラブホテルや自宅のカップルのベタベタぶりも覗き見しちゃうところ。
ネットテレビだからできるんだろうなぁ。。


でも、この番組で一番のつっこみどころは、テリー伊藤の存在意味。
番組をプロデュースしたようですが、
いなくても番組構成として全く問題ないのは気のせいでしょうか。
posted by ちゃゆきちゃん at 08:17| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

お茶漬け海苔

それは昨日の朝、はなまるマーケットのオープニング、
視聴者のはがきを紹介するコーナーを見ていた時じゃった。

ハガキの内容
「お茶漬け海苔(永谷園とかの)にかけるのって、お湯ですよねー。
うちの主人はお茶漬けだから、お茶だっていうんですー。
こんなこと今更恥ずかしくて誰にも聞けないですー。
岡江さん、薬丸さんはどっちですか?」



( ´,_ゝ`)プッ

お茶漬け海苔って言ったら、普通お茶かけるでしょ??
この人、今まで、お湯なんてかけてたわけ〜wwwwwwwwwwwwwww

テレビの前でニヤリとした数秒後、わたしに衝撃の事実が告げられた。


岡江「これは、もう決まってますよね! 当然お湯でしょうー!!」


薬丸「お湯ですよねー。お茶の粉末とかだしとか既に入ってるから、
お茶なんていれたら味変わっちゃいますよね。」



えーーーーーー??


そ・・そんなはずは。。。
お茶では、ないのか???


岡江:「この人はどうでしょうね〜火曜日のレギュラーは天野くんですー。」

そ、そうだ!

岡江さんや薬丸さんってのは、昔から、キレイ・カッコイイーで
庶民の味のお茶漬け海苔をあまり食べていないに違いない!!
だから、お湯なんて言っちゃったんだ。

しかし、この人なら・・

天野くんなら・・

大丈夫、彼なら庶民の味がわかる!!



天野「僕もお湯ですね〜」





天野、おまえもか・・・・



本当にこんなにお湯派が多いのか?

いや、彼らが変わっているだけだ。
そう、頼みの綱は、最後に出てくる海保アナ。

彼女はわたしと同世代の女性だから、
きっときっとお茶って言ってくれるはず・・・☆彡


海保「今日のコーナーは・・・」




海保さんが出た時には、
お茶漬け海苔の話、終わってたーーーーーーーーーー


これまで二十八年間、お茶漬け海苔にかけるのは
お茶だって信じて疑わなかったわけ。
お湯をかけるなんて考えたこともなかったわけ。
ショックでした。
ここ最近で受けた一番の衝撃でした。


会社帰りにスーパーで、さっそくお茶漬け海苔買いました。

うん。確かに、説明書きにはお湯をかけて下さいと書いてある。
ならば、わたしもやってみようではないか!!
初めて、お湯をかけるお茶漬け海苔に挑戦じゃ!!

ほう。緑の粉末入ってるから、お湯でも緑色になるのね。


シャカシャカシャカ(お茶漬け食べる音)


・・悪くはないんだけど
・・何かが違う。
・・そう、長年慣れ親しんだお茶の香りがしない・・・


お茶漬け海苔は、お茶碗に口つけてる時に
お茶の香りがしないとだめなんだ!!!

こんなのお茶漬け海苔じゃない!!!!


と言ってシャカシャカ全部食べました。


やっぱりお茶漬け海苔はお茶かけて食べるもんですよ!!
・・と思うのですが。。。。。(ちょっと弱気)
posted by ちゃゆきちゃん at 07:19| Comment(6) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

ブーツ

たまには、おしゃれ日記を書きたいと思います〜♪

ずっと欲しいと思っていたブーツをようやく見つけましたーー


ヒールが低くて、
ロングブーツで、
色はこげ茶で、
ちょっとクシュクシュになっていて、
膝のところで折り返しがついていて、
伸ばしたり折ったりの2通り履けて、
とにかくとにかくヒールの低いブーツ。


説明してもわかりにくいので、履いてる写真公開しちゃいますー☆

060109 011c.jpg

やだなぁ〜

長くて綺麗な足ですってーー

そんなこと言われたら照れちゃいますーーーー



フォトショップで、思いっきり縦長に加工し
posted by ちゃゆきちゃん at 06:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする